河川設計関連

河川設計

河川の役割

人類の文明が大河の流域で発展していったように、人間の暮らしと河川は深く結びついています。河川の機能は大きく分けると「治水の機能」「利水の機能」「環境保全」の3つになります。
雨を海まで安全に流す為に洪水等の災害を防ぎ、農業・水道・工業等の用水として利用する為に安定した水量と水質を維持し、人々に自然と親しむ環境を提供し安らぎを与える環境を保全する。それが河川に求められる持続可能な社会の実現に対する役割であると考えます。

当社の河川設計に対する取り組み

施工前
施工後

当社の河川設計に対する取り組みは、洪水の発生に対する住民の安全性を最優先として、河川特性を生かし生物多様性に配慮した設計を行うことを目指しています。特に、河川計画、河川構造物設計(護岸、樋門樋管・落差工・帯工、魚道)、耐震性能照査、災害復旧設計を実施しております。
その他に、住民の安全性を考慮した、砂防施設、地すべり、急傾斜地、雪崩の設計も行っております。

令和元年台風19号災害における対応

令和元年台風19号による災害で被害にあわれた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。犠牲者の方々には衷心よりお悔やみ申し上げます。台風19号により各地に多数の河川災害・法面災害等による被害が発生しました。櫻エンジニアリングでは、一刻も早い復旧を願い災害復旧測量設計業務に尽力しています。

お問い合わせ
Contact

櫻エンジニアリングへのお問い合わせは、下記フォームよりお問い合わせください。お電話でのお問い合わせは 024-953-6830までご連絡ください。

お名前 必須

メールアドレス 必須

お問い合わせ内容 必須