地質調査

標準貫入試験

標準貫入試験は、地盤の工学的性質(N値)と試料を求めるために行われる試験で、地盤の安定性を推定する値を得る為の調査となります。試験方法は日本工業規格 JIS A1219「土の標準貫入試験方法」として定められています。標準貫入試験は、ボーリング孔内で行うサウンディングの一種です。試験深度まで掘削した後、質量63.5kgのハンマーを76cmの高さから自由落下させて、サンプラーを30cm貫入させるのに要した打撃回数をN値として記録します。試験は原則として深さ1mごとに行います。

N値とは

地盤の閉まり具合や強度の基準となる値です。
一般的には、N値(打撃回数)が多いほど硬くて強い地盤と言えます。

標準貫入試験装置及び器具の名称
標準貫入試験略図

標準貫入試験の方法

① 所要の深さまでボーリング孔を掘削します。
② ボーリング孔底のスライムを取り除きます。
③ サンプラーをロッドに接続し、静かに孔底に降ろします。ロッド上部にノッキングヘッドおよびガイド用ロッドを付けます。
④ ドライブハンマーの打撃によって原則15cmの予備打ち、30cmの本打ちを行います。このとき、本打ち開始深さ及び本打ち終了深さを測定します。予備打ちは、ドライブハンマー落下高を小さくして軽打撃によって貫入抵抗を確認しながら貫入します。
本打ちのドライブハンマー落下高は、76±1cmとし、ドライブハンマーは自由落下させます。また、ドライブハンマーは、その静止を確認してから次の打撃に移ります。
⑤ 本打ちにおいては、打撃1回ごとの累計貫入量を測定します。ただし、N値の利用目的に応じ、貫入量10cmごとの打撃回数を測定する場合もあります。
⑥ 本打ちの打撃数は、特に必要のない限り50回を限度とし、その時の累計貫入量を測定します。ただし、予備打ち段階で50回に達した場合は、その時の累計貫入量を測定し、N値とします。また、予備打ち段階で貫入不能の場合には、その結果を採用します。
⑦ 測定を終了した後、地表に標準貫入試験用サンプラーを上げ、シュー及びコネクターヘッドを取り外し、スプリットバーレルを二つに割り、採取試料の観察を行います。
⑧ 代表的な試料を標本用試料とします。また、必要に応じて物理試験用試料に供するため、含水量が変化しないよう密封保管を行います。

お問い合わせ
Contact

櫻エンジニアリングへのお問い合わせは、下記フォームよりお問い合わせください。お電話でのお問い合わせは 024-953-6830までご連絡ください。

お名前 必須

メールアドレス 必須

お問い合わせ内容 必須