地質調査

簡易貫入試験

簡易貫入試験は、地盤の強さを調べる簡易調査法の1つで、試験装置総重量15kg程度と軽量、また小型で携帯性に優れているため、急傾斜斜面などに於ける表層土の調査や斜面崩壊地での風化層の把握、また狭小道においての調査で行われます。

試験方法

質量5kg(±0.05kg)のドライブハンマーを高さ500mm(±10mm)の高さから自由落下させ、コーンを100mm貫入させるのに要する打撃回数(Nd値)を求めます。10回自由落下させても貫入量が20mm未満の場合は貫入を中止します。

試験結果の評価

簡易貫入試験で得られるNd値は、標準貫入試験のN値やスウェーデン式サウンディング試験値との相関関係から試験結果を評価することが出来ます。

簡易貫入試験の長所

軽量小型の為、急斜面や狭小道でも試験を行うことが出来る。
費用が比較的安く、調査時間が短い。

簡易貫入試験の短所

軟弱な地盤の調査にしか活用できない。
調査できる深度が浅い。(3~5m程度まで)

お問い合わせ
Contact

櫻エンジニアリングへのお問い合わせは、下記フォームよりお問い合わせください。お電話でのお問い合わせは 024-953-6830までご連絡ください。

お名前 必須

メールアドレス 必須

お問い合わせ内容 必須